『はだしのゲン』 特集ページ!

『はだしのゲン特集』トップページ

 

「はだしのゲン」をご存知ですか?

 

作者は中沢啓治さん、ご自身の原爆体験や
被爆体験を礎に描かれた漫画です。

 

 

広島に住む主人公の中岡ゲンが、戦中、
そして、戦後の激しく揺れ動く時代に、
大切なものを次々に失いながらも、父の残した、

 

「生きろ麦のごとく」

 

という言葉を胸に、
懸命に生きていこうとする姿が
描かれています。

 

 

「はだしのゲン」のさまざまな作品評価

 

やや偏った思想を感じるという一部意見や、
表現がグロテスクすぎるなど、色々な意見があるようです。

 

が、作者のリアルな体験をベースにした原爆の悲惨さや、
当時の日本という時代の様子、世相や風俗を現しつつ、
人を惹きつけてやまない作品としての評価は、
日本でも海外でも大変高いものとして、受け止められています。

 

実際に、映画やドラマ、アニメやミュージカルにもなりました。

 

 

私も小学生のころ、図書室の片隅で、
「はだしのゲン」を夢中になって読みふけった覚えがあります。
正直子供心にすごく恐怖を味わいましたが、
読むのをやめることは出来ず、昼休み、放課後と、
図書室に通いつめては最後まで読み終えました。

 

ただただ怖いだけならば、
途中で読むのをやめればよかったはずです。

 

それでも、読むのを止められなかったのは、
戦争の怖さや愚かさ、大切なものを失っていく悲しさ、
でもその理不尽な全ての出来事に立ち向かっていく、
主人公「ゲン」の 『生きる力』 に魅了されたからだと思います。

 

 

「はだしのゲン」の人気の秘密は・・・?

 

戦争の苛烈さ、悲惨さを知る世代だけではなく、
戦争を知らない世代にも支持され続けている理由は、
一体どこにあるのか…。

 

続いて、実際に「はだしのゲン」を読まれた方の感想なども、
下の欄から、ご覧になって頂けたら、と思います。

 

 

アマゾンのコミックセット(全10巻)へはこちらから
〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻

『はだしのゲン』 特集ページ!記事一覧

「はだしのゲン」への口コミのご紹介ここでは、実際に、「はだしのゲン」を読まれた方のご感想を、ご覧になって頂きたいと思います。(※口コミは、アマゾンからの一部の引用です。 〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻)★初めて読んだのは、6歳の時。原爆という言葉すら知らなかった。それでも、あの凄惨な場面は高校生になった今もまだ、忘れられません。被爆した人の中には、当時の私と変わらない歳の子供もいたでしょう。...

「はだしのゲン」の現代への問いかけ広島県広島市中央区にある原爆ドーム傍に位置する元安川に、被爆67年目を迎えた今年の「原爆の日」前夜である8月5日、「はだしのゲン」の映像が川面へと浮かび出されました。今年で9度目だそうです。映像にはきのこ雲の前面に果敢に立つゲンと、今年は「生きろ麦のごとく」の文字が追加されました。「麦のように、踏まれても真っすぐ伸びろ」 という復興への思いは、東京電力福島第1原発...