古事記編纂1300年を迎えて…

古事記編纂1300年を迎えて…

 

古事記とは・・?

 

今現在、日本最古の歴史書と呼ばれる『古事記』。
その古事記が、今年、編纂1300年を迎えました。

 

古事記編纂は、天武天皇が太安万侶(おおのやすまろ)へと号を出し、
開始された事業でしたが、実際に完成したのは、天武天皇が亡くなってから26年後のことです。

 

 

古事記は上・中・下の全3巻に分かれての構成となり、

  • 上巻には、天地の始まりから神々の物語が、
  • 中巻・下巻には、神武天皇から推古天皇の時代まで、神話や伝説、たくさんの歌謡が、

記されています。

 

 

古事記と聞くと、一見、「難しそうだな〜」と敬遠してしまいがちですが、
実は、私たちも幼い頃から「古事記」と親しく触れ合ってきています。

  • アマノイワトで有名なアマテラスオオミカミ
  • ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコト
  • 因幡の白兎を助けたオオクニヌシ

など、幼い頃にお話を読んだことや聞かせてもらったことがある、
「日本の神話」こそ、古事記の上巻にある内容です。

 

また、数々の伝説を残した、ヤマトタケルノミコトのストーリーも、
古事記の中巻で見ることが出来ます。

 

 

そう思ってみると、「古事記」が、ぐっと身近に感じられて来ませんか・・?

 

 

古事記の舞台となった場所/1300周年イベント

 

さて、このように日本の神話やルーツが描かれている古事記ですが、
今年は、神話の舞台となった各地で、いろいろなイベントが行われるようです。

 

  • ニニギノミコトが天から地へと降り立った、いわゆる天孫降臨の地があるといわれている宮崎県
  • スサノオやオオクニヌシなど神々の伝説が色濃く残る島根県
  • イザナギとイザナミが国を生んだ時に、一番最初に生まれた土地と言われる淡路島がある兵庫県
  • 「古事記」編纂の地である奈良県

 

・・などが挙げられているようです。

 

 

イベントやシンポジウムの他にも、特別サイトを作って、「古事記編纂1300年」を祝い、
神話の内容や神々の紹介をしてくれている県もありますので、チェックしておきたいところですよね。

 

日本の文化を伝える「古事記」と触れ合う旅、例えば、夏休みを使って古事記ゆかりの地を巡る旅なども、
きっと、京都への修学旅行のように、お子さんの一生の思い出になるのではないでしょうか・・・

 

 

以下、関連外部サイトへのリンクです

 

島根県

 

鳥取県

 

奈良県

 

 

 (※ 関連リンクページ(個人・法人)追加のご要望は、どうぞお気軽にご連絡下さいませ。)

 

 

古事記特集ページTOPへ戻る

 

 


サイト運営元では、教育関連の優良コンテンツをメールでもご紹介しています。
おすすめメール通信へのご登録についてはこちらをご覧下さい。

古事記編纂1300年を迎えて…関連ページ

漫画で読める『古事記』の紹介
2012年に編纂1300年を迎えた『古事記』についての特集ページです。『古事記』の、子供でも読みやすい各種漫画シリーズのご案内をいたします。